尖閣ビデオを流出させたのは本物の海猿だ

画像
you tubeにアップされた「本当の尖閣」という動画がTVニュースの冒頭を飾っている。
素晴らしい。
これをアップした関係者は、確信犯だ。
たとえ流出がばれて職を失おうとも、捨ててはならない誇りのほうを選んだ。
海猿は本当にいたのだ。
産経新聞社とFNNの世論調査によると、ビデオは「早期に国民に全面公開されるべき」という意見が78・4%だったという。
嘘つきには真実で対抗するしかない。
中国では衝突した船の船長が英雄扱いされているが、本当の英雄は、このビデオを流出させた関係者だ。
これは、ネット民主主義の勝利だ。
世界中の人が、このビデオを見て、真実を知ることになる。

らばQに、ビデオを見た外国人のコメントがいろいろと訳されて掲載されている。

「・今までのいろんな断片情報から中国漁船が日本の巡視船にぶつかってきたのは知っていたが、動画を見たら悪意を持ってやったのがわかった。残念なことにこれも中国の復讐心を燃やすだけだろうけど。誰のせいだろうと中国が悪く見えるものには好戦的になるからね。」

「・日本が真実を見せたこの行為に対し、中国側が謝罪要求を何日後にしてくるか賭けよう。そしてその要求に日本側が何日で屈するか賭けよう。」

「・悲しいのは中国政府は船長が間違っていたことを否定し続けるってことだ。間違いを認めたらネットユーザーや超のつく愛国主義者から攻撃を受けるからな。政府はいつまでも中国が世界で優れた国みたいなイメージを作り上げ、思想を国民に植え続けるだろう。そして人々は洗脳される。北朝鮮レベルではないが似た様なもんだ。自分はどこかの首相じゃなくてよかったよ。いちいち言った真実に対して謝らなくていいからね。」

「・なんで日本も隠すんだ?中国みたいに表現の自由はないのか?」

一部脱力するコメントも含まれているが、イヤになるくらい正鵠を射ている。

政府はくだらない犯人探しをやめるべきだ。
そして、アップした人は自ら名乗り出て、真実を明らかにする必要を感じた理由を述べ、
正々堂々と、情報を公開することの意義を訴えるべきだと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: 尖閣ビデオを流出させたのは本物の海猿だ 地球大に考える/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 20:50