イルカ殺しは日本文化なのか?


和歌山県太地町のイルカ追い込み漁を隠し撮りした映画 The Cove が波紋を広げている。
製作者であるリチャード・オーバリーは何人もの日本人に映像を見せながらインタビューする。
毎年9月になると2,300頭ものイルカが殺されて食肉にされることを知っていますか? 
誰も知らない。眉をひそめるばかり。

これは別の報道写真。太地町のイルカ漁。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-438649/Japanese-fishermen-turn-sea-red-blood-dolphins.htmlより。2007年2月3日の写真。
画像
殺されたイルカの肉は、鯨肉として売られているようだ。
鯨の肉を食べるのは、日本の文化だと言っている人も多い。
しかし、イルカの肉を食べているとは知らなかった。
正直、吐き気がする。

何のためにイルカを殺すのか?
イルカが漁師の網を破り、魚を食べる害獣だから?
そう言い切るだけの根拠はないようだ。
画像
世界中の人を相手に、イルカを殺戮して食べるのは伝統文化だから正当だと言えますか?

それでは犬を殺して食べるのは韓国文化だと言う韓国人を非難することはできない。

日本のイルカ殺しと捕鯨が、世界中でどのように報じられているのか、じっくりと見てみる必要がありそうだ。


よろしければこちらもどうぞ。
私がエコなセレブを信用できない訳
『奇跡のリンゴ』 木村秋則さんの物語
宮崎駿の思想

"イルカ殺しは日本文化なのか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント