テーマ:将棋

人工知能が人間を超えるとき~電王戦と2045年問題~

コンピュータと人間のプロ棋士5対5の将棋対決2015年は「電王戦FINAL」と銘打たれ、3月~4月に実施されることが決まっている。主催するドワンゴは、これまでコンピュータ側が2013年、2014年と二連勝してきた実績をもとに、プロ棋士側を「5人のレジスタンス達。人類最後の逆襲」と呼んでいる。しゃらくさいことこの上ない。 阿久津主税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米長邦雄将棋連盟会長、再びコンピュータに完敗した棋譜(1月14日電王戦)

「第1回将棋電王戦」(日本将棋連盟、ドワンゴ、中央公論新社主催)が14日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、後手の米長永世棋聖は113手で敗れた。 先手:コンピュータ(ボンクラーズ) 後手:米長邦雄永世棋聖 ▲7六歩 △6二玉 ▲6八飛 △4二銀 ▲3八銀 △5四歩 ▲4八玉 △5三銀 ▲3九玉 △6四歩 ▲6六歩 △7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンピュータ将棋「あから2010」、清水女流王将に圧勝

10月11日、東大工学部で開催された人間対コンピュータの対局は、 戦前から清水女流王将の不利が囁かれていたが、予想以上の大差で決着した。 「あから2010」は情報処理学会の「トッププロ棋士に勝つ将棋プロジェクト」特製システム。 阿伽羅(あから)は10の224乗という数を表わし、将棋の局面の数がこの数に近いことに因んで命名されたとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5年後の将棋界

久しぶりに週刊将棋を手に取ると、久保八段(33)が棋王のタイトルを、羽生世代の佐藤九段(39)から奪取した記事が目に付いた。これで、羽生四冠(38)以外のタイトル保持者は、すべてB級1組となり、A級にはタイトル保持者はいなくなった。 一方、今年の羽生名人への挑戦者はというと、同じ羽生世代の郷田九段(38)である。 まだまだ、「最強・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将棋連盟の問題~「伝統文化は法律に勝る」?

私は将棋を指すことはめったにないけれど、長いこと、将棋ファンとして多くの棋譜を眺めてきた。 最近まで「週刊将棋」は欠かさず読んでいたので、そこから伝わってくる将棋連盟の運営の大変さも、将棋に関心のない人よりは理解していたつもりだった。 ところが最近、将棋連盟の理事会の専横が目に余る。 今の連盟の会長は、米長永世棋聖。 私はこの人…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more