テーマ:明治

漱石・鴎外はヘタな小説家にて候故、…

小谷野敦『「こころ」は本当に名作か』(新潮新書)を読む。 永年思っていて、血気盛んな頃よく自分で口走っていたことがそのまま書かれていて、とても腑に落ちた。 学生の頃、「大作家の本は処女作から順に読むべきだ」という、今思えばいささか滑稽なアドバイスにしたがって、漱石を「猫」から「明暗」まで読み通した。途中、「虞美人草」は飛ばしたものの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more