テーマ:村上春樹

村上春樹『1Q84』~宙吊りになった都市伝説~

1984年といえば、ジョージ・オーウェルが全体主義社会の到来を予言した書の題名だし、オウム真理教が活動を開始した年でもある。村上春樹が最近口にするデタッチメントからコミットメントへ、という方向性が現れた小説になっているという噂もあって、関心を持ってじっくり読んでみた。 しかし、結論から言えば、この小説はどのような現実とも切り結んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more